qmail バーチャルドメインのメイル制御

ヴァーチャルドメイン宛のメイル処理〜qmail

takamura@real.net宛と
takamura@virtual.net宛のメールを別物扱いにするには
/var/qmail/control/virtualdomains に
virtual.net:virtual
.virtual.net:virtual
と書いておく。
2行目の.virtual.net:virtualは計算機名のついた
takamura@mail.virtual.net
の様なアドレス宛に来たメイルも受けるために必要。
(.はワイルドカード)

それから virtual と言うユーザを作っておく。

/var/qmail/control/locals には
virtual.netを記述してはいけない。(virtualdomainsの記述より優先されるから。)

/var/qmail/control/rcpthosts には virtual.net を必ず書いておく。(記述が無いと受け取らない。)

locals/virtualdomains/rcpthosts等コントロールファイルをいじった時は
ps aux | grep qmail
とやって qmail-send のpidを調べて
kill -HUP [qmail-sendのpid]
とやらないと有効にならない。

/home/virtual/.qmail-default に
&hoge

/home/virtual/.qmail-takamura に
&foo

としておけば takamura@virtual.net 宛のメールは
/home/virtual/.qmail-takamura の内容に沿ってfoo宛に転送される。

★つまり takamura@virtual.net と virtual-takamura@real.net は同じなんですね。

noone@virtual.netのような実在しないユーザ宛のメールを受け取るのには
.qmail-defaultに一括して受け取る先を書いておけばよい。(もちろん.qmail-default が無ければ、
そんなユーザはいないと言ってメイルを出した人に返信される)


高村のホームへ いとうのホームへ