■fml(リストサーバスクリプト)のインストール

セキュリティ確保の為に
USER:fml
GROUP:fml
と言うユーザを作っておきます。
fmlでloginしておいて
/home/fml/に
%ftp ftp.iij.ad.jp/pub/IIJ/dist/fukachan/fml/fml-current.tar.gz
をgetしてきます。
%cd fml-3.x-snapshotXX

%make install
で終わりなのですが、途中でパーミッションが無いので/usr/local/fmlが
作れないだの/var/spool/mlが作れないだの言ってきますので
suしてそのディレクトリを作っておいて chown -R fml:fml /usr/local/fml
等をしておきます。

■新しいリストの作り方

fmlでloginして
% /usr/local/fml/makefml newml リストの名前
で作成です。sendmailの場合はこの後、suして
/var/spool/ml/リストの名前/aliases
の内容を /etc/aliasesに追加。
$newaliases
で完了です。
qmailの場合で問題となるのが
.forwardが使えない(代わりに.qmailを使う)
aliasesが使えない(代わりに.qmail-xxを使う)
ことでしょうか。
http://www.sapporo.iij.ad.jp/staff/fukachan/fml/INSTALL_with_QMAIL/2.html
に詳しく書いてありますが、今回は仮にtestmlと言うリストを作るとした場合、testmlと言うユーザを作ってしまう方法を採りました。
suしてから
chown -R testml /var/spool/ml/testml
chown -R testml /home/fml/spool/ml/testml
して持ち主をtestmlにします。
次に
/home/testml/.qmail
|/usr/local/fml/fml.pl /var/spool/ml/testml
/home/testml/.qmail-ctl
|/usr/local/fml/fml.pl /var/spool/ml/testml --ctladdr
/home/testml/.qmail-admin
testmlの管理者メイルアドレス
/home/testml/.qmail-request
testmlの管理者メイルアドレス
とすれば完了です。

■メンバー登録・削除

sendmailの場合はfmlでlogin。
qmailの場合は先ほどspool/testmlの所有者をtestmlにしたのでtestmlでloginします。
testml MLに takamura@itoh.net を加える。
%/usr/local/fml/makefml adduser testml takamura@itoh.net
testml MLから takamura@itoh.net を消す。
%/usr/local/fml/makefml byeuser testml takamura@itoh.net

■各種設定

メニュー形式で基本的な設定の変更ができるようになっています。
sendmailの場合はfmlでlogin
qmailの場合は先ほどspool/testmlの所有者をtestmlにしたのでtestmlでloginします。
%/usr/local/fml/makefml config ML名
・Subjectに通し番号を付けたい
・登録を自動化したい
・投稿者の制限をしたい
等はこのコマンドからメニューをたぐって
いけばokです。
その他の設定はspool/config.phを直接いじる方法があります。perlで書かれているので
Subjectにlist名とは全然関係ない文字列をいれちゃうなんていうのも朝飯前です。

高村のホームに戻る    いとうのホームへ