MRTGの導入(Multi Router Traffic Grapher) FreeBSD-3.3R

SNMPエージェント機能を持った計算機のパケット流量をグラフ化してくれる
MRTGをSoftware Design 2000/3月号を見ながらインストールしてみました。
参考:http://www.ceres.dti.ne.jp/~riocat/webtools/mrtg/

必要なもの
zlib ftp://ftp.cdrom.com/pub/infozip/zlib/zlib-1.1.3.tar.gz
libpng ftp://ftp.cdrom.com/pub/png/src/libpng-1.0.5.tar.gz
gd ftp://ftp.boutell.com/pub/boutell/gd/gd-1.7.3.tar.gz
MRTG http://ee-staff.ethz.ch/~oetiker/webtools/mrtg/pub/mrtg-2.8.12.tar.gz

をこの順にインストールしていきます。

tar zxvf zlib-1.1.3.tar.gz
cd zlib-1.1.3
./configure
make
su
make install

tar zxvf libpng-1.0.5.tar.gz
cd libpng-1.0.5.tar.gz
cp scripts/makefile.std makefile

ZLIB=/usr/local/lib
ZLIBINC=/usr/local/include
#ZLIB=../zlib
#ZLIBINC=../zlib
に変更後

make
su
make install

tar zxvf gd-1.7.3.tar.gz
cd gd-1.7.3
make
su
make install


tar zxvf mrtg-2.8.12.tar.gz
cd mrtg-2.8.12
./configure --with-gd=../gd-1.7.3 --with-z=../zlib-1.1.3 --with-png=../libpng-1.0.5
make
su
make install

その後
mrtg-2.8.12/run/cfgmaker public@ルータのipアドレス > mrtg.cfg

mrtg.cfgの編集
WorkDir: /usr/local/apache/htdocs/mrtg
としておけば、そこにhtmlファイルなどが吐き出される。

mrtg-2.8.12/run/mrtg mrtg.cfg

で終わり。

高村のホーム   いとうのホーム